Mr.KINGとPrinceとこんな夏を過ごしたい!(Part1)

どうも〜ハイジです〜!

 

いつの間にか、7月ですね!!!

夏がやってきた〜🌻

 

じめじめと暑い夏が始まりましたね…7月ですよ…まだ7月も始まったばかりだというのに、こんなに暑いなんて…ここからこの暑さを乗り越えられるのか…しんどい…

 

 

ってことで、この夏キンなゆプリメンバーと過ごそうじゃないか!(突然)かかなゆのゆかかゆののや そしてこの暑さで憂鬱な気分を吹き飛ばそうじゃないか!ってことで、キンプリメンバーとの夏の過ごし方を妄想しちゃいます〜♡♡♡←

f:id:kissy812:20170709140114j:image

 

 

まずは、Mr.KINGからいっちゃいます〜!

 

髙橋海人くん

f:id:kissy812:20170709123721j:image

 海人くんには夏休みの宿題を一緒にやって〜って泣きつかれたいですよね〜…

海人「○○ちゃん〜!カイね夏休みの宿題頑張ってたんだけど、終わりそうになくて…○○ちゃんに手伝って欲しいなぁ…って…ダメ?」

なんて可愛さ…うんうん!いいよ!手伝うよ!ってなっちゃう( ; ; ) いつやる?どこでやる?の流れで、カイね〜○○ちゃんのお家行ってみたかったんだ〜外だとうるさくて集中出来ないよね〜などなど、あれよあれよという間に私の一人暮らしの家で2人でお勉強会をすることに…。当日までドキドキしながらお家片付けてカイちゃんを待ってる。いざ、カイちゃん到着して、「わぁ!○○ちゃんのお家めっちゃ綺麗だね!なんかいい匂いする…女の子って感じ!」なんて、ちょっとテンション上がってて可愛いな…( ;  ; )ってなる。よし!じゃあ、そろそろ勉強始めようか〜!どこまで終わってるの〜?って聞くと、「えええ〜もう始めるの〜?カイ、○○ちゃんともうちょっとこうしてたい〜」なんて、甘えたモードでむぎゅむぎゅされちゃって。可愛い…永遠にむぎゅむぎゅしてて欲しい…と思いつつもここはしっかりお勉強させねば!ときやいう謎の使命感から、先に勉強終わらせちゃお?ってお勉強に誘導…「勉強終わったら、いいの?」って、いいのってなに!?けど、可愛い…いいよいいよ何でも好きにして…いやいや!そうじゃなくて、お勉強だった。とりあえず、終わってない課題を開かせて、こうでこうでって教えてると、自頭がいいから飲み込みが早くて教えがいがある海人くん。すいすいすい〜っと終わって、あれ?これ私が手伝う必要あった…?って海人くんに聞くと、「えへへ、俺○○ちゃんのお家に行ってみたくて…だって、カイのことお家にあげてくれなかったでしょ?だからね、お勉強だったら…って思って。本当は○○ちゃんとデートするためにちゃんと宿題早く終わらせてたんだよ?カイ、えらい?」なんて言われたらもうなんやかんや策士でも可愛さでもうなにも気にならない!そしてむぎゅむぎゅして欲しい…はぁ、可愛い…♡←

 

 

永瀬廉くん

f:id:kissy812:20170709131018j:image

廉くんとはグループデートで海に行きたいですね〜!廉くんとグループデートとは言え、海に行くってことで、廉くんが好きそうな水着を買って、ダイエットなんかも頑張って着てみたり。案の定、廉くんは私の水着姿なんかに見向きもせず、大好きな岸くんと海へ一直線にいっちゃって。(岸くん恨む)と思いつつも(笑)まあ、そんなもんだよね〜って思いつつ、他メンバーの彼女さんたちと一緒にいて。けど、みんないつの間にか彼氏さんと海で遊びにいっちゃって。廉くんもどこにいるか分かんなくなっちゃったし、ぼーっとしてると、ほっぺに冷たいものが当たって、ひゃ!ってびっくりすると、ニッコニコの廉くんがいて、「そんなにびっくりする!?(笑)」って爆笑してて。もう!なんて怒ってみるけど、近くに来てくれたことが嬉しくて。「水着…それ、新しいの?」って全くこっちを見ずに言ってきて。うん、そうだよ、ちょっと頑張ってみたんだけど…似合ってないかな?なんて、何も言ってくれないから言っちゃって。「頑張りすぎ。似合ってへんわ…」って言われちゃって、結構落ち込みそうになってると、「嘘。似合いすぎ。可愛すぎで心配になるから、これ、着といて。」って、自分の上着を渡されたい。で、廉くんの顔を見るとめっちゃ赤くなってて、廉くん顔が赤いよ?って言うと、「はぁ!?何言うてんの!?これは…日に焼けたんやって!」なーんて、テンパる可愛い廉くんもみたいよね〜♡

 

 

平野紫耀くん

f:id:kissy812:20170709134127j:image

紫耀くんとは一緒に浴衣デートしたいな〜!どうしても紫耀くんの浴衣姿を見たくて、浴衣着てきて!ってお願いしてしぶしぶ、いいよって言ってもらって。私も頑張って浴衣きて、髪も可愛くセットして待ち合わせに場所に向かうと、めちゃくちゃカッコよくて1人だけキラキラ輝いてる紫耀くんがいて。けど、女の子に声かけられてて、ああ、やっぱりモテるんだなぁ…なんて実感してると、ぱっと、こっちを見て私のことを見つけてくれて。「あ!やっときた!ごめんな〜俺彼女おんるよ。じゃ!」ってはっきり言って私の方に来てくれる、紫耀くん。キラキラすぎて、ちゃんと顔見れなくて。けど、私が着てきて欲しいって言ったんだから伝えなきゃ、って思ってちょっと俯きながら、浴衣かっこいいね。って伝えると、「え!ほんまに?嬉しいわ〜!着るのめっちゃ大変やったんやで?」って、目を合わせるように、覗き込んできて、どうしても目を合わせざるを得なくて、目を合わせると、満足げに笑って、「○○ちゃんも、めっちゃ浴衣似合ってる。可愛い。」って言われてめちゃくちゃに照れたい。真っ赤になった私の顔を見て、また満足気に笑って欲しい。そこからは、一緒にお祭りを楽しみまくって。大好きなりんご飴を見つけて、買って食べてると、ニコニコしながら見てくる紫耀くん。ん?なに?って伝えると、「○○ちゃん、りんご飴に夢中になりすぎ。」って拗ね顔みせたかと思うと、ちょっとクスクス笑いながら「飴、ついてる。」って、唇のよこを親指で拭われて、ぺろっと舐めて、「あまっ。」って笑われたかった…。もうキュンキュン過ぎて死んじゃうんじゃないかな?←

 

 

 

あれ、私キンプリ書く予定だよね?Mr.KINGだけで長く書き過ぎじゃない????

 

ってことで、2つに分けることにします〜(笑)Princeくんたちはこの次に♡

 

 

なにかありましたら、ぜひこちらに♡質問、言いたいこと、なんでもこちらにどうぞ♡

わか⊂((・x・))⊃さんのお題箱

 

 

 

つづく